2020.5.28

新型コロナウイルス(COVID-19)に対する考え方及び対策について

新型コロナウイルスの発生、世界的な大流行、国内での緊急事態宣言発令に伴い、多くの方の日常がそれまでとは異なったものになっている現状に関して、私たちに出来る事は何かと自問自答する中で、やはり今まで同様の自然体験での余暇の時間の提供及び学びの機会の創出を行っていくことが大切だと考え、緊急事態宣言が解除されたいま、以下の考えのもと対策をしつつ事業を推進して行きたいと考えます。

前提
私たちかんなべ自然学校が推進する募集型のキャンプスクール・アクティビティ・自然体験・デモクラティックスクール事業は、以下3点の特徴を持っています。
*1度の開催人数が定員20名(スタッフを含めても30名以下)の小規模な活動
*事前申込みが必須な為、参加者が特定され事前に直接連絡を取ることが出来る
*ウイルスの蔓延しにくい屋外の活動を中心に行っている
(団体が管理する2か所の拠点施設に関しても300㎡弱のゆとりを持った室内空間を確保している)

決定事項
政府のガイドラインに掲載のある3密(密閉、密集、密接)を避ける事は可能と考え、
現時点で想定できる対策を行いつつ「6月1日(月)」より事業を再開いたします。

補足情報
ただし、今後も情報、事態は変わり続けていくと考えており、引き続き情報収集を行い続け、状況の変動によっては中止・内容の変更などを行う場合もございます。
その際は改めてお伝えさせて頂きます。

ご理解のほどよろしくお願い致します。
 

具体的な感染対策方法

関わるスタッフに関して
以下の内容のヒアリングを行い、その項目すべてに当てはまるスタッフで運営を行います。
1:開催日の2週間以内に新型コロナウイルスの症状・疑いがある方との接触がない
2:開催日の2週間以内に新型コロナウイルスの症状・疑いがない
3:開催日に平熱(体温37.5℃以下)であり体調もすぐれている
※当日は手洗い・うがい・消毒は適時行います。

参加される皆さまに関して
以下の項目いずれかに当てはまる方は大変申し訳ありませんが参加をご遠慮ください。
1:開催日の2週間以内に新型コロナウイルスの症状・疑いがある方との接触があった
2:開催日の2週間以内に新型コロナウイルスの症状・疑いがある
3:開催日に平熱(体温37.5℃以下)ではなく、体調もすぐれない
※当日は手洗い・うがい・消毒の声掛けを適時させて頂きます。

マスクなどを用いた飛沫感染予防に関して
無症状での感染拡大予防の為、受付時・屋内などのソーシャルディスタンス(2m以上の間隔)の確保が難しい際にはマスクなどの飛沫感染予防措置を行いご案内させて頂きます。
参加される方に関しましても同様にマスクなどでの飛沫感染予防にご協力下さい。
(屋外などで明らかな距離を確保出来る場合、食事の際を除く)

備品に関して
使用する備品は、使用前後にアルコール消毒を行い管理します。

施設に関して
管理する施設では防風雨や騒音、極端に暑い、寒いなどの状況以外では常時2方向の窓を開けた状態で過ごし、常時開放がどうしても難しい場合は1時間に2回以上の換気の機会を設けます。

【参考リンク】
厚生労働省:3つの密を避けるための手引き
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000622211.pdf

 

かんなべ自然学校ロゴ.jpg
TOIROロゴ.png

NPO法人かんなべ自然学校

Access:〒669-5379 兵庫県豊岡市日高町名色85-76

Tel/Fax:0796-20-3541 or 070-8327-7692 Mail:info@kns.hyogo.jp

※メールでのお問合せに関してですが、迷惑メール防止機能によりこちらからの返信メールが迷惑メールと間違えられている場合があります。
迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認頂きますようお願い致します。

​また、48時間を過ぎても返信がない場合はお手数ですがご連絡のつくお電話番号をご連絡ください。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon